親子ローンの種類

固定資産税の軽減を親子の両方がはかることができるというのもメリットです。それぞれの特徴を踏まえて親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかをしっかり検討しましょう。

親子ペアローンの特徴は、連帯債務者になるとき、子が親の、親が子のものになります。子どもの収入も合算して、親の収入の範囲ならローン審査を受けることが可能なことが、親子リレーローンの利点です。

さらに一緒の家を買う資金にするために親と子がそれぞれ融資を受けるのが、もう一つの親子ペアローンです。実際に親子リレーローンを組むために必要なのは、子が親の連帯債務者に、親子が同居するという前提でなることです。

ふつうのローンより高額の借り入れが可能なのは、ペアローンの場合も、それぞれの収入によってローンを利用することができるからです。住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っている親子リレー返済が人気です。

途中で子どもが返済を引き継ぐ親子リレーローンは、最初は親が住宅ローンを返済していくものだといいます。借入金を、親だけ子だけでローンを組む時よりも多くすることが可能なので、新しい家に家族全員で住むことも不可能ではありません。

それぞれ親と子が単独債務者になって返済をするのが、リレーローンと異なる部分です。2種類の親子ローンがあり、親子リレーローンと、親子ペアローンに分かれます。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。